古銭を買い取りしてくれるわけ

古銭には希少価値がある?

今はもう使われなくなった昔のお金、持っていたりしませんか?家の倉庫から出てきた物、おばあちゃんが譲ってくれた物など大事にしまっている人もいるはずです。そんな古銭は物によっては希少価値の高い物もあり、古銭コレクターの間では驚くほどの値段で取引されています。家にある古銭はもしかしたらすごく価値のある物かもしれません。
古銭の価値は基本的に製造された年代、保存程度や年ごとの製造枚数で決まります。きれいで希少価値が高い物ほどいい値段がつくのです。身近な例では平成64年製の新品の貨幣は製造枚数が少ないため高く売れるという話をよく耳にします。実はこれは平成に入ってからも64年製として製造されていたため残念ながらそれほどの価値はないというのが本当のようです

持っている古銭は買い取ってもらえる?

古銭は未使用品が最も価値がありますがスレや傷があっても希少価値が高ければ買取の対象になる物もあります。その他銅製の貨幣は年月が経つと変色しやすいため他の材質の物に比べ良い値段がつきやすいです。現在流通している10円銅貨は年代によって1000円以上の値がつく事もあります。
その他コレクター達に人気なのが世間に流通していないコレクション用に製造された古銭です。記念コインに多いのですが普通の貨幣と違いピカピカに磨き上げられた物で製造枚数が少なく、普段使っている物とはひと味違う見た目からも希少価値が伺えます。このような古銭を持っている人は古銭のカタログなどを見て値段の参考にしてもいいかもしれません。もし良い物であれば買い取ってもらえる事もあります。