どんな古銭ならOK?

財布の中に古銭があるかも

自宅に何気なくしまってあった古銭でも買取で思わぬ値段がつく事もあります。物によっては希少価値が高くコレクター達が収集したがるからです。時代とともに色褪せてしまったとしても価値が下がらないのは古銭の魅力の一つと言えます。
古銭と言えば過去に使われていた物だけと思いがちですが、現在世間に流通しているものでも古銭として評価される物もあります。例えば今財布の中にあるような10円玉は製造年数が刻字されていますよね。造幣局から製造される貨幣は年ごとに枚数が違い、少ない年の物であれば希少価値が高くなるんです。もしかしたらまだコレクターの目に留まらず流通している物もあり、あなたのところにまわってくる可能性もありますよ。

記念コインも古銭として価値がある

オリンピックの開催や世界遺産の登録などを期に発売される記念コインも額面は大きくありませんが希少価値があり高値で取引される古銭の一つです。製造枚数も限られていますし販売する期間も短いため手に入れたがる人は少なくありません。これらは世間一般に出回っている物と違い鏡面加工や模様も鮮明に造られている物もありプレミア感があります。このようなものは造幣局によってケース入り販売されていてコレクターでなくとも記念品として買う人も多いようです。
普段使っているお金の中にも古銭として価値がある物もあり古めかしい物を見つけたらとっておいてもいいでしょう。製造枚数や年代により価値は変化しますが値段の如何に関わらず古銭にはコレクターを引きつける魅力があります。家に眠っている古銭はもしかしたらコレクター達にとって喉から手が出る程の物かもしれません。